わたわたblog
桜の歌
2011年04月13日 (水) | 編集

久方の
光のどけき
春の日に
しづ心なく
花の散るらむ    

紀友則


桜を詠んだ歌は、昔からたくさんあり
日本人がずっと桜を愛し、想いはせてたのを感じます。

もしも…桜がなかったら…
毎日開花を待ちわびたり、咲き始めに心踊らせたり
散りゆく花にせつなさや、はかなさを感じたり
そんな想いのないまま、春になるのですよね。
想像つかないですね
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © watawatan. All Rights Reserved.
Powered by . / Template by sukechan. / Customized by Office [ti:].