わたわたblog
民都大阪の建築力
2011年07月27日 (水) | 編集
110727-1-a.jpg
大阪歴史博物館開館10周年記念特別展
『民都大阪の建築力』

近代の大阪では、民間の手による事務所や百貨店などで、
時代の先端を行くデザインの建築が数多くつくられました。
また、大阪市中央公会堂や大阪城天守閣などの公共建築でも、
設計競技や市民の寄付により、優れた構造・意匠と豊かな細部装飾を
持つものが生まれました。
これらの建築は、いまも大阪のシンボルとして親しまれています。
本展覧会では、大阪の近代建築の魅力を、建築家の図面に表現された
「描く力」、建築細部を魅力的なものとする「装飾の力」、
そして建築を愛するオーナーや美術家らによる「伝える力」の
三つの視点から紹介します。
図面やスケッチ、細部装飾など約250点の展示品を通して、
近代建築の魅力とそこに込められた人びとの思いを感じとり、
今後の大阪の建築やまちづくりを考える一助にしていただければ幸いです。
(DMより)

7月23日(土)~9月25日(日) 火曜日休館 有料
9時30分~17時 金曜日20時まで 
入館は閉館の30分前まで
大阪歴史博物館
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © watawatan. All Rights Reserved.
Powered by . / Template by sukechan. / Customized by Office [ti:].