わたわたblog
KYOTO GRAPHIE
2014年05月10日 (土) | 編集
140510-1-a.jpg
ホワイトタイガーのポスターでおなじみ
京都国際写真祭 KYOTO GRAPHIE
パスポートをいただいたので、
近くの行ける範囲で、まわってみました。

会場には京の歴史ある建物のギャラリーもあり
写真とともに建築も楽しめるイベントです。

印象的だったのは、京都文化博物館での
「火星‐未知なる地表」。
NASAの調査衛星によって撮影された火星の地表写真が
大型ビジョンに映し出されるインスタレーション。
高解像度の画質が美しく…
地表の質感や触感まで伝わってくるようでした。
ビーズクッションに寝そべって見られるようになってましたが
残念ながらクッションは埋まっていました(;;)

ポスターのタイガーくんにも会いに行きました。
動物たちの、人間のようなポートレート。
じっと目を見てると、悩みを聞いてくれそうな(笑)、
会話できそうな、不思議な感覚におちいります。
7年以上の年月を費やし、じっくりと時間を掛け
動物との距離を縮め、心を許した瞬間に現れる
一瞬の表情を捉えたのだそうです。


数ヶ所まわっただけでも、心に残るものがありました。
次回は日数をかけて、たくさんまわってみたいです。

140510-1-b.jpg
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © watawatan. All Rights Reserved.
Powered by . / Template by sukechan. / Customized by Office [ti:].