わたわたblog
いたみ☆
2010年10月21日 (木) | 編集
101021-1-b.jpg
堀内誠一さんの展覧会「旅と絵本とデザインと」を見に
伊丹に行きました。阪急で伊丹に行くのは初めてかも?
美術館に向かって歩いてると、白鳥と鴨のマンホールが。
後で調べてみると、伊丹市には、都市部では珍しい
野鳥のオアシス、昆陽池公園というところがあるそうです。
知ってたら行ってみたかったなあ。

展覧会では、堀内さんの多彩な手仕事に触れられました~。
雑誌アンアンやブルータス、ポパイ、オリーブなど
アートディレクターとしてたくさん手がけられましたが
当時の作品を今見てもかっこいいし、パワーがみなぎってます。

101021-1-a.jpg
トイレのマークも展覧会に合わせてポパイとオリーブでした☆
絵本や旅のイラストも楽しめましたが、興味深かったのは
当時の入稿までの作業の再現ビデオ(新谷雅弘さんによる)。
ナイフで鉛筆削ったり、インレタも登場してました~。
なつかしい・・・☆

ちょっと遠い目になりつつ・・・・
やっぱり、コツコツと手間ひまをかけて作り上げたものは
人の心をうつし、ずっと飽きないし、時代を経ても
パワーを持ち続けるんだなあ・・・と思いました。

101021-1-f.jpg 101021-1-e.jpg
101021-1-d.jpg 101021-1-c.jpg
それにしても、伊丹市立美術館のある敷地は
文化財指定の旧家や酒蔵や日本庭園や・・・
タイムスリップしたような所で、びっくりしました。
またゆっくり来たいです~。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © watawatan. All Rights Reserved.
Powered by . / Template by sukechan. / Customized by Office [ti:].